脱毛にまつわるお悩み

脱毛と言うと人によると思いますが、脇や腕、足が主な脱毛箇所ですよね。
私は自宅で脱毛をしているのですが、主に脱毛をするのはそういった箇所です。
脱毛方法としては固形せっけんを泡立てて全身をモコモコにし、剃刀でちょっとずつ剃っていきます。

脱毛方法としてはそれで良いのですが、私の場合は少し敏感肌なので脱毛をした後に赤くなってしまったり痒くなってしまうのが悩みどころです。
そのため脱毛をした後は保湿クリームを塗るなどして肌荒れ対策をしています。
脱毛をした後は安全剃刀といえど、多少は肌を傷めているのでちゃんとケアをしないと駄目ですね。
夏場などは特に脱毛をする頻度も多いので、特に念入りにケアをする必要があります。

あと肌荒れ以外の悩みとしては剃った後のチクチク感ですね。
特に脇の脱毛をした後はそうなのですが、剃った跡がチクチクして痛い事があります。
剃刀で剃っていても完全にそれる訳ではないのでチクチクしてしまうんですよね。
こう言った時は脱毛クリームの方が良いかな~と思うのですが、昔からの脱毛方法を変えるのも勇気がいるので変えれません。

自分はそんなに毛深い方でもないのですが、それでも脱毛はしないと気になってしまうのでやらない訳にもいきませんしね。
女性は特にそうだと思いますが、結構他人の脱毛事情も気になってしまいますよね。ムダ毛がまったくない人は医療脱毛でもしてるのかなと気になります。
たまに腕の毛を脱毛していない人を見かけますが、そういった時はつい見てしまうので私も気をつけなきゃいけないなと思っています。
参考 安い医療脱毛
私も一度カウンセリングで見てもらおうかなと思っています。

脱毛について

自分自身の男性脱毛体験です。
私は毛は濃いほうではないと思っています。
ただ、子供の頃より毛深くなっていくのに嫌悪感は感じていました。
そのうち腕や手の甲などに生えてきた毛を剃ったりするようになりました。剃ると毛が濃くなるという話はよく聞きますが、私も濃くなって生えてきました。その濃くなった部分で標準男性ぐらいだったとは思いますが、気になるものは気になります。
除毛と脱毛、どちらかしたいと思ったのですが、私は脱毛を選びました。
家電屋で売ってるお手軽な値段の脱毛機を買いました。
試してみると、スポスポ抜けます。最初やり始めた時(毛が濃い状態)は、結構痛みがありました。
一度抜いてしまうと、腕などのもともと薄い毛は、生えてくるのに3週間ぐらいかかりました。しかも全部生えてくるというわけではなくまばらで、密度も薄く、毛も剃った状態の時の切り株状ではえてくるわけではないので、薄い毛がはえてくるといった感じでした。
この時点でかなり腕や手の甲の毛は目立たなくなっていましたが、せっかく脱毛機を買ったしさらに脱毛してみました。
今度は毛が細く、密度もまばらだったせいか、痛みに慣れてきたからか、そのいずれが原因かはわかりませんが、ほとんど無痛で脱毛できました。
ただ、まばらに毛が生えてきてるので、今脱毛した毛は3週間後ぐらいまで生えてこないのですが、時間差で生えてきてる毛が生えてくるので、実際は2週間に一回ぐらいのペースでするようになりました。ただ、密度も薄いので、作業もスムーズで片腕2,3分で終わり両腕しても5分ぐらいで終わります。
今だと腕の毛だけでなく、すね毛やふともも、おなか周辺に生えている産毛なども処理しています。
何度もしてるからか、毛も薄くなり痛みも全然ありません。
脱毛機だとお求め安いお値段だと思うので、気になる人は一度してみるといいと思います。
ここがおすすめの全身脱毛の詳細サイトです。

使える!節約術

日々生活していると、様々なことでどうしてもお金が必要になってきます。そこで、今回は私が実践している節約術について書いていきたいと思います。

まず、毎日の食事にかかるお金についてのちょっとした節約術です。私が提唱したいのは、「閉店前の投げ売りを狙え!」そして、「よく行くスーパーは会員証を作ろう!」という2点です。とてもシンプルで簡単なこの二つの技ですが、意外と実践されてる方は少ないと思います。

閉店前にお店に行くと、お惣菜やお肉など、様々な商品が特価販売されはじめます。この「閉店前の投げ売り」は、タイムセールとは別に行われることもあるので、両方を上手く活用すると食費を大きく削ることが可能です。そしてもう一つ、よく行くスーパーの会員証を作っておくと、当たり前ですがポイントが貯まって、その貯まった分のポイントを使って割引サービスを受けられたり、「会員様のみ○%割引」というカードを持っているだけで受けられるサービスもあります。

これも言われてみれば当たり前のことですが、まだまだ実践されてない方が結構いらっしゃると思います。次に、病院などの医療費の節約について語りたいと思います。皆さんは病院に行って薬をもらうとき、種類ごとでばらばらに受け取っていませんか?

実は薬をばらばらに受け取っていると、梱包料として無駄なコストがかかっている場合が多いのです。こんな時に役に立つのが「一包化」という方法です。
これは薬を全部まとめて一日分ごとに梱包してくれるサービスです。薬をまとめて梱包することで袋にかかるコストが軽減してより安く薬を受け取ることが可能になります。

よく通院される方ほどこの「一包化」は大事になってきます。このように毎日の生活の中には節約できる場所が多々存在しています。色々な工夫を凝らして、楽しい節約ライフを送りましょう。

お金をかけない美容法のこと

専業主婦になってからというもの、やや太ってきたような気がします。

間食がよくないのかな、という気はしますが、絶対的に運動量が不足しているような気もします。太ったら離婚するかも、などとシャレにならないことをダンナから通告されていますので、体重の増加は一大事です。

酵素液ドリンクダイエットなどが巷では流行っていますが、減量にはできるだけお金をかけないようにしたいものです。そのため、日常的にできるだけ歩くということを意識して過ごすようにしています。一日一度は外に出る、ということは非常に大事です。

私が住んでいるところは北関東方面で車社会ですが、私は車を持っておりません。必然的に歩くことが増えます。これは非常に良い傾向だと思っています。最寄りのスーパーには自宅から往復1キロあり、よく行くドラッグストアは往復2キロあります。その道のりをスニーカーでさくさくと歩いていきます。

ときおり、横断歩道を渡らずに歩道橋を利用します。階段の上り下りはダイエットにいいかもしれない、と勝手に感じているせいです。運動量が増えて一石二鳥だと思っています。

あと、加齢によってシミが増えてきたように感じられます。大手百貨店の化粧品売り場には効果が期待できる化粧品も数多くありますが、そういうものは利用しません。あまり何万円もお金をかけられないからです。私が現在行っているのは、黒砂糖を使ったパックです。日本酒少しに黒砂糖をまぜると、とろりとした液状のものができます。

それを使って、夜にパックします。お風呂上りなどにしておくと、肌が白くなっていくような気がします。心なしかシミも減ってきたような印象です。自宅にあるもので手軽に行えるのでこのパックはお勧めだと思います。

洗濯機を新しくしたら水道代が

先日、15年使っていた我が家の洗濯機が壊れました。

4キロ洗いのタイプで私が一人暮らしの頃から使っていたかなりの年代物です。結婚して家族も増えて、最近ではこのサイズの洗濯機だと一日に3、4回は回さないと間に合わなくなっていたので、これを機会に買い替えることとなりました。久しぶりに家電量販店で見る洗濯機は、どれもかなり進化して便利になっていました。

立派なドラム式はもちろんですが、なんと乾燥機能が縦型の洗濯機にもささやかについているのにはびっくりしました。我が家は賃貸暮らしのため、ベランダに洗濯機を置かなければならないのであまり大きなタイプは無理です。また、屋外に設置するので高級なドラム式の洗濯機も置くつもりはありません。

そんなわけで同じく縦型タイプで、今度は少し洗濯物をたくさん洗える物を購入しました。家電を買うって結構テンションアップして楽しいのを思い出しました。やっぱり新しい洗濯機は素晴らしかったです。一度に洗える量が増えたことで、家事が少し楽になりました。
さらにこれは予想外でうれしかったのが、水道代が安くなったことです。同じだけ洗っているのになぜかなあ、と思って説明書を読むと節水タイプと書いてありました。
やはり家電は新しい物ほどエコで節約に向いているのだなあと改めて実感した出来事です。

子供が生まれていきなり跳ね上がった我が家の水道代、最近ではお風呂も浅くお湯を張り、トイレも小で流すようにして、家族で節水していたのですが、買い替えた洗濯機効果が一番大きかったようです。今度は電気代節約を考えて、こちらも気がつけば15年選手となっている冷蔵庫を買い替えようかなあなんて計画しています。