自己脱毛で注意すること

自己脱毛で注意すること
自分で脱毛をする時、手軽に行うことが出来るので、とてもいいですね。
しかし、その時注意をすることがあります。

エステだと、そのことを行ってもらうことができますが、自宅で行う場合はそれが出来ていないこともあります。
その内容について、まとめてみました。

毛ぞりは神経を集中させることが大事

脇などは、キレイに脱毛をしたいと思って、毛ぞりをすることが多くなっています。
しかし、その時本当に注意をすることが大事です。

毛ぞりというのは、肌を痛めてしまうことなのです。
無理に肌に刃物を当てることもあるので、その時に痛めてしまいます。
そのため、気持ちが安定している時、技術が上級者レベルである等、必要となります。

脱毛のあとは必ず保湿

脱毛をした時、案外とそのままになっていることが多いです。
それは、とても危険なことですね。

脱毛をするということは、ある程度肌にダメージを与えることになります。
そのため、肌が悲鳴をあげているといっても、過言ではないのです。

そんな状態の肌に対して、一番いけないことは乾燥させることなのです。
肌が乾燥をすることによって、とても痛くなることがあります。
また、その部分が黒くなる事もありますね。

メラニン細胞が活発となり、そのような結果になります。
そのため、それを予防するためには十分な保湿をすることが重要です。
保湿クリームをつけて、その部分をすらないように気を付けましょう。

脱毛後は日焼けをしない

脱毛をした時、とても肌がダメージを受けています。
曽於ダメージを受けている肌に、更に日焼けをすることは、ダメージを重複させることになりますね。
その結果、皮膚が変色をしたりするので、日焼けをしないように外出を控えましょう。

これらが面倒だという方は素直に医療脱毛をするのがベターです。